デンタルフロス情報館 >> デンタルフロス情報館 >> 代用品を使う

代用品を使う

代用品を使う

皆さん知っていましたか、歯ブラシでブラッシングするだけでは、歯垢の約50パーセント〜70パーセント程度までしか除去できないといわれているのです。

ですが、フロスを使うことで、約90パーセント程度まで歯垢の除去率を高めることができるのですよ。

また、デンタルフロスの代用品なのですが、デンタルフロスに専用の柄を取り付けて、より使いやすくした糸ようじが一般に知られていると思います。

皆さんも見かけたことがあると思いますが、最近では飲食店などに爪楊枝の変わりとして糸ようじを置いているところも多く見かけるようになりました。

また、デンタルフロスは、ナイロンなどのフィラメントをあわせて作られた、歯間掃除用の細い糸なのです。

そして、これを専用の柄に取り付けたものが糸ようじと呼ばれているのです。

そして、主に歯間ブラシが入らないような狭い歯間などに、スライドさせながら挿入して、歯間の食べかすや歯垢をからめとって、除去するために使用していくのです。

また、デンタルリンスなどの口内洗浄剤の中には代替効果をうたったものも登場しているんですよ。

またここ数年なのですが、ドラッグストアやスーパーなどには、ハブラシに並んで歯間ブラシやデンタルフロスなどの「歯間クリーナー」と呼ばれるオーラルケア用品が数多く並ぶようになっているのです。

そして、歯医者さんでの指導もあって、最近では、こういった歯間クリーナーが徐々に市民権を拡大しているのだと思います。

また、歯間清掃具の歯周病予防に果たす役割はスゴク大きいと言えると思います。

現在日本で売られている歯間清掃具は、デンタルフロスや、フロスの付いた楊枝状のフロスピック、歯間ブラシ、歯の隙間の詰まった物を取り出すピックなどの4種類があるようですよ。

また、デンタルフロスを歯間部に無理に入れたり、力を入れ過ぎると、歯肉を傷つけてしまうこともあるので注意しておこなうようにしてください。

また、デンタルフロスは小さいお子さんが一人で使うのは難しいので、小さい方にはお母さんが仕上げ磨きに使うようにする効果的なんですよ。

また、歯間部に入れやすいようにワックスのついたものや、ホルダー付きの持ちやすいものも沢山の種類が出ているのです。

なので、デンタルフロスを上手に活用して、お口の中をきれいに保ってくださいね。

デンタルフロス情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

>矯正 岡山
>歯科 岡山
>栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン
>栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック
>愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック
>審美歯科 ホワイトニング 岡山
>愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス
>千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科
>インプラント 岡山
>入れ歯
>歯槽膿漏 歯周病
>予防歯科
>岡山 インプラント
>神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科
>福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院