デンタルフロス情報館 >> デンタルフロス情報館 >> デンタルフロスの種類

デンタルフロスの種類

デンタルフロスの種類

一般にデンタルフロスと呼ばれているものには、用途に合わせて形や幅、太さの違うものや、「デンタルテープ」や、「ガーゼテープ」などと呼ばれているものや、ワックスがコーティングされていて滑りを良くするものなどの多くの種類が市販されているのです。

また最近では、手先があまり器用でない方や面倒に思われている方でも簡単に使用できるホルダー付きのものがいくつも市販されているので、一度、歯ブラシ売り場に足を向けてみてはいかがでしょうか。

きっと自分にあった物が見つかると思いますよ。

また、一般的なフロスにはWaxed type とUnwaxed typeがあるのです。簡単に言うと、糸にワックスが塗ってあるか塗っていないかの違いなのです。

ワックスが塗られている方が歯と歯との間に糸が入りやすくなっているんですよ。

ですがフロス本来の目的でもある、糸で汚れた物を掻きだすという点ではワックスが塗られていないものの方が効果的のようですよ。

ですが、フロス初心者の方はワックスが塗られているもののほうがお勧めですよ。

そして、フロスに慣れた方などは、ワックスのないものを使ってみるといいと思いますよ。

また変わったところでは、特殊なフロスとして矯正中の歯やブリッジの下の面などを磨くためのものがあるそうですよ。

矯正中の方や金属冠を繋げて作っているところではフロスを歯の上から通すことは出来ないので、フロスをこのような場所に通す方法として、お裁縫に使う糸通しのようなものがあるのだそうです。一日に一回、歯間部のフロスはとても重要なのです。

たいていの虫歯や歯周病は、歯ブラシの届かない歯の歯間部から始まっているのです。

フロスを行うことによって歯間部や歯と歯肉の間のプラークを取り除くことができるのです。

もし、毎日のフロスや歯ブラシによるプラーク除去を怠ったら、プラークは硬くなって、歯石になってしまうのです。

そして、歯石は虫歯や歯周病に対して更に大きな問題を起こす原因になっていくのです。

なので、皆さんも正しいフロッシングの方法を身につけておく必要があるのです。

デンタルフロス情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

>予防歯科
>歯槽膿漏 歯周病
>矯正 岡山
>歯科 岡山
>栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック
>千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科
>愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス
>インプラント 岡山
>岡山 インプラント
>愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック
>神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科
>栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン
>福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院
>入れ歯
>審美歯科 ホワイトニング 岡山