デンタルフロス情報館 >> デンタルフロス情報館 >> デンタルフロス ワックス

デンタルフロス ワックス

デンタルフロス ワックス

フロスで歯の表面をこすると、眼では見えないくらい小さな細菌の塊も壊して落とす事ができるのです。

使い始めはワックスタイプのものが歯の間に入りやすいので、はじめての人にはお勧めなんですよ。

歯間部に入れやすいようにワックスのついたものや、ホルダー付きの持ちやすいものは、小さい方にはお母さんが仕上げ磨きに使うと効果的なんですよ。

デンタルフロスを上手に活用して、お口の中を隅々まできれいにしましょう。

フロスによって、糸を滑りやすくするためにワックスがついているものもあるのですが、ないものもあるのです。

機能的にはワックスがついていないものがよいのですが、滑りが悪いので、ほつれたり、切れたりしやすいといったデメリットがあるのです。

なので、慣れないうちはワックスタイプが使いやすいと思いますよ。

毎日きちんと歯を磨いているはずなのに、気がつくと歯と歯の間から虫歯ができてしまったという方は意外に多い話ですよね。

歯と歯が隣り合ってくっついている所はプラーク(歯垢)が溜まりやすいばかりではなくて、歯ブラシだけでは虫歯の原因であるプラークを完全に除去することはできないからなのです。ですがやりすぎるのも危険なのです。

フロッシングは1日1回(できれば寝る前)に行えば十分なのです。

そして、なんと口臭なども改善できるのです。ですが使いすぎは歯肉を痛める原因となるので、注意が必要なのです。

また、デンタルフロスや歯ブラシは、明るいところで、鏡を良く見ながら行うようにしてくださいね。

また、歯の隣接面に銀や、詰め物などが入っている場合などは十分に注意して使うようにしてくださいね。

乱暴なフロッシングは、修復物をこわしてしまうことがあるんですよ。

そして、この後に丁寧なブラッシングされるとより効果を発揮できると思いますよ。

「歯間クリーナー」と呼ばれている歯間ブラシやデンタルフロスなどは、ハブラシでは届きにくい歯と歯のすき間をケアするために開発されたオーラルケア用品なのです。

そして、正しく使いこなすことができれば、歯周病やムシ歯の原因となるプラーク除去を効果的に行えるのです。

デンタルフロス情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

>愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック
>栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック
>歯槽膿漏 歯周病
>入れ歯
>歯科 岡山
>神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科
>予防歯科
>矯正 岡山
>千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科
>インプラント 岡山
>栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン
>愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス
>福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院
>審美歯科 ホワイトニング 岡山
>岡山 インプラント